動画のストリーミング用語集

今更聞けない!ネット動画のわかりやすい用語集ページ

キャッシュとは

      2015/07/28

私たちがインターネットでページを閲覧する際の仕組みですが、通常は閲覧するページや動画のファイルをブラウザを介して一度パソコンにダウンロードします。私たちがネット上で見ていると思っているコンテンツの多くは、実は一度データをパソコンにダウンロードされていることになります。

ブラウザがWEBページを閲覧するために取ってきたデータは、ブラウザの一時フォルダという場所に保存されますが、このデータはしばらくの間、保存されることがあります。(この保存されている状態をキャッシュ、といいます)。

なぜブラウザが一時的にデータを保存しておくのかというと、例えば同じページに1日に何度もアクセスする場合、毎回、データをリクエストしていては負荷もかかりますし面倒になります。そのため、データをローカルに保存しておき、再度、同じページへのアクセスがあった場合にはサーバーにデータを取りに行くのではなく、先ほど取得したデータをもう一度、表示させる、ということです。

※この設定は、負荷を気にする配信サーバ側でクッキーを用いて設定されることが多いです。そのため、データを更新するタイミングや期間もサーバ側で設定されたりします。



この他にもたくさんの情報があります

当サイトは動画のダウンロードに関していろいろな情報を載せています。
もし他にも知りたい場合はサイトのTOPをご覧ください。

当サイトのTOPページはこちらから戻れます

タグ一覧

 - ストリーミング用語集