動画のストリーミング用語集

今更聞けない!ネット動画のわかりやすい用語集ページ

可変ビットレートとは

   

そもそもビットレートとは何なのか?が馴染みのない方には、理解がなかなか難しいと思います。ビットレートというのは、音声ファイルが1秒間にやり取りすることのできるデータ量をさします。単位はkbps(キロビーピーエス、キロバイト per secondの略)です。

一般的には、ビットレートが大きければ大きいほど、音質は良くなります。例えば、320kbpsと640kbpsの音質では、640kbpsの音質を聴いたほうが音質が良いと感じるケースが多いです。ちなみにCDの音質は1400kbpsなので、実はかなりの高音質になります。

さて可変ビットレート(VBR)が何かというと、これは音声の圧縮方法の種類のことで、場面、場面で転送するビットレートを変更できる音声ファイルのことをさします。

可変ビットレートであれば、例えば、高音のパートほど人間の耳では、より高い音質を聞き分けることができるため、高音の部分は高いビットレートで転送し、逆にあまり耳で聞き分けのきかない低音の部分は低ビットレートで圧縮することができます。

そのため、無圧縮の音声に比べて低ビットレートで、より少ないファイル容量でも、人間の耳からするとほとんど変わらないような高音質を実現することもできます。
メリットとしては、固定ビットレートと比べて(同じファイル容量という条件であれば)必然的に可変ビットレートのほうが音質がよくなります。



この他にもたくさんの情報があります

当サイトは動画のダウンロードに関していろいろな情報を載せています。
もし他にも知りたい場合はサイトのTOPをご覧ください。

当サイトのTOPページはこちらから戻れます

タグ一覧

 - ストリーミング用語集